【思い出】アリさんマークの引越社

毎日「お先に失礼しまっす」というための7つの方法

スポンサーサイト
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【思い出】アリさんマークの引越社
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

親愛なる 同僚の諸君 へ

「アリさんマークの引越社」が話題になっているので、3年に一度、引越しをする俺が
「アリさんマークの引越社」との思い出を語ります。

一日中立つ「シュレッダー係」に異動、「アリさんマークの引越社」訴えた裁判始まる|弁護士ドットコムニュース

引越しは「サカイ」でやると決めている私ですが、サカイより圧倒的な価格を提示してきた
「アリさんマークの引越社」で引越しをしました。約3年前の話です。

見積のときに来た営業マンの感じはわるくない(妻談)。
作業当日にきた作業員も感じはわるくない。

しかし、荷物の運び出しが終わって、新居に荷物入れがはじまってから事件が勃発。

「プラスチックケース(↓こんなの)を壊してしまいました!!」と元気に報告してきた。
そして「新しいのを買ってきました」と一回り大きいケースの中に、
フタにヒビが入ったケースが収納されて運ばれてきた。

見たところ、中のモノには影響がなさそうだし、「ケースが一つ増えた!ラッキー!」と思って、
「気にしないでくださいーい」と返答しておいた。

続いて、
「押入れケース(↓こんなやつ)を壊してしまいました!!」と同じような新品と一緒に報告してきた。

さすがに2個目だし、注意しておくかと

「上に重い物をのせてんじゃないの?注意してよ。」と言うと、
「申し訳ございません!!」と返事は最高ランク。

最後に、
子供が使っているランドセルラック(↓こんなやつ)が
上に重量物を満載されたため、底板が抜けていました。

すると、「同じものを買ってくるので、購入店を教えてください」と。

「買った店はニトリ。」
「型番とか分かりますか?」
「そんなもの、知らん。」
「ニトリに聞いてもらいますか?」
「どうやって?」
「電話で。」

しょ~がねな~と、面倒くさいけど、ニトリに電話。

ポイントカードの遍歴から型番はあっさりと判明して、商品が絶版になって在庫もないことが
あっさりとわかった。マジでニトリ優秀。

「これ(ランドセルラック)、絶版になっていて、在庫もないって」
「どうしましょうか?」
「弁償だよね。同じもの、持ってきてよ。」

「では、後日、再度連絡します。」

一連の報道を読むと、アリさんマークの引越社はお客さんのモノを壊してしまった場合、
作業員が個人で弁償させられているよう。

今、思えば、作業員さんたちは「個人弁済」なので、必死にその場で事をおさめる
努力をしていたんだなーと。

連絡をしてこない「アリさんマークの引越社」

なので、こちらから連絡すると「当日、作業した者から連絡させます。」と言われ、
夕方になり、作業員さんから連絡、

「ニトリに買いに言ったんですけど、同じものはないって言われました。」
「そんなこと、引越しの日にあなたにいったよね。」
「似たようなものでは、ダメですか?」
「似たようなものって、どんなのよ?一応、学習机とセットで買ってるからさ、
色とかサイズとか変わると困るんだよ。

だから、修理でいいよって、言ってるでしょ?」

「修理はできないんですよ。」

「じゃあ、同じを持ってきてよ。」

「わかりました。」

このやり取りが何度かあったあとに、作業員ではない営業マンっぽい人が訪問してきたので、

・状況を説明して、家具(ランドセルラック)が壊れてから1ヶ月ちかく経過しても解決しないのはなんでなの?

・他社さんだったら、モノを壊してしまった時は基本は修理ですよ。

・修理と言っても、底板をかえるだけですよね?底板の材質もふつうの集成材ですけど、
何が難しいのでしょうか?

と質問をしたら、

・家具を壊したこと、壊したものを弁済していないことはお詫びする。

・作業員にまかせていたのだが、お客様がご納得されないようなので、私が責任をもって対応する。

・おっしゃるとおり、家具は修理します。

ということになり、その10日後にランドセルラックは修理されて帰ってきた。

私の場合は、ランドセルラックの底板が抜けただけなので、
日常生活に大きな支障はでなかったからよかったけど、

解決まで約40日って、どうなんだよと思ったので、

ペリカンに続いて、アリさんマークの引越社も私の中のブラックリスト入りになりました。

まあ、一連の報道を見ていると、作業員さんの方には同情します。
(そもそも、荷物の積載方法の基本ができていないような気もしますが・・・)

教訓:引越屋はトラブルになったときの対応で選びましょう。

P.S. 元気です、 @dokachin

関連記事

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excel555.blog58.fc2.com/tb.php/226-f61646ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © お先に失礼しまっす! All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。