「お父さん、電球、換えておいて」-電球交換物語-

毎日「お先に失礼しまっす」というための7つの方法

スポンサーサイト
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お父さん、電球、換えておいて」-電球交換物語-
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

090705_175250.jpg

キッチンの電球が切れた。なくても大丈夫なのですが、
買い物にいったついでに電球を買ってきた。

090705_175421.jpg

今どき蛍光灯型電球でなく、白熱電球です。しかも、間違えてクリアタイプwww
さあてと、取り換えるかと思って、電球カバーを外したら・・・

090705_175502.jpg

電球が、電球が、電球がぁぁぁ、小さいwww
最初から、蛍光灯型電球なんて使えない・・・

090705_175625.jpg

小さい電球に買いなおしてきた。

090705_175742.jpg

やっと、明かりが戻りました。

教訓:
おばさんのように「切れた電球」を持って買い物に行け!!

・・・とここまで書いてきて、昔聞いた話を

私のおじいさんが戦争から帰ってきたあとの出来事。
「お父さん、電球が切れたよ」と子供(私の母)に言われると、
何を思ったか、電球に「糊」を塗りつけたらしい。

戦争での心の傷、恐るべし。
うちのおじいさん、こんな調子で、しばらくの間はダメだったらしいです。
関連記事

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://excel555.blog58.fc2.com/tb.php/21-b066fe8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © お先に失礼しまっす! All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。